交通の便が良い都内で、とにかく安い賃貸を見つけ出すコツ!

都内の一人暮らしの相場は7万円!

憧れの一人暮らしですが、交通の便の良い都内で探そうとすると、相場が1Rで7万円前後です。もちろん、どこの区に住むかでだいぶ変わってきますが、新宿、渋谷、池袋この辺りに近ければ近いほど家賃は上がっていきます。それでも私は、現在、世田谷区の渋谷から電車で10分圏内、1Kで、家賃は5万7千円の賃貸に住んでいます。周辺の相場は、同じ広さなら7万円~8万円前後なので格安です。家賃は毎月払うものなので、安ければ安いほど良いはずです。1万円違えば年間12万円変わってきます。なるべく安く賃貸を借りるコツをまとめました。

不動産会社の人に伝える予算を低めに設定

私も何度か引越しをしているので、不動産会社には足を運ぶことがあったのですが、大抵まずは「家賃はどのくらいでお考えですか?」と聞かれます。この際に正直に希望の値段を伝えてしまうと、不動産の方が出してくれる、資料は大体希望の家賃より5千円~1万円位は高いものになってしまいます。6万円位でと伝えると、6万5千円~7万円位の賃貸を紹介されるわけです。なので、不動産会社の人に伝える希望家賃は、思い切って希望額マイナス1万円位で伝えましょう。そうすると希望額と同じ位の、賃貸の情報を見ることができます。そこから、希望家賃だと、どの程度の広さなのか、ユニットバスか分かれているのか、畳かフローリングか等の相場が分かるので、自分の生活レベルと合わせて考えることができます。

諦める部分と、こだわる部分の線引きをする

実際に、間取り図を見たり、内覧に行くと「もっと良い条件の家は無いかな」と欲が出てきてしまいます。そんな時には、諦める部分と、こだわる部分の線引きをすることが重要です。お金を出せば、いくらでも良い物件はありますが、家賃を安くすることにこだわるならば多少の我慢は必要です。ユニットバスで良いならば家賃は5千円~1万円程安くなりますし、フローリングにこだわりがないなら和室の賃貸の方が圧倒的に価格が下がります。実際一人暮らしなら、ユニットバスも慣れれば生活に支障はないですし、和室もフローリングシートをひいてしまうという方法もあります。そしてなんといっても和室の魅力は、押入れが大きく収納スペースが確保できることです。6畳でクローゼット無しの部屋に住むのは、正直荷物があふれてお勧めできません。後は、駅近にこだわらないのであれば、駅から徒歩15分位だと家賃も下がります。自転車があれば5分程度で移動できる距離なので、特に支障はないかと思います。このように工夫次第で、都内に安く住むことは可能です。

帯広の賃貸の平均家賃は、ワンルーム・1K・(マンション・アパート・一戸建てを含む)で3.7万円となっています。